自家製青紫蘇を使って食パン作り

sisosausage5月31日

青紫蘇の種を蒔いてから約1か月半 収穫ができるようになりました。例年秋ごろになると葉が硬くなって生で食べにくくなります。そんな葉の使いみちを考えていたのですが、今夢中になっているパンに使ってみようと思いました。

紫蘇とウインナーを使ってホームベーカリーで作る食パンです。

材料
強力粉280g 塩小さじ3/4 砂糖大匙1から2杯 スキムミルク大匙1杯 オイル小さじ1杯、水200cc ドライイースト小さじ1杯   青紫蘇20枚位 粗挽きウインナー 100g位

作り方 青紫蘇とウインナーをあらみじん切りにする。ドライイーストはイースト容器に入れる。ウインナー以外の材料をパンケースに入れてレーズンパンコースを選択。具材の投入合図があったらウインナーを投入する。焼きあがったら素早く取り出した冷まします。

ウインナーの香ばしさと紫蘇の香りのミックスしたおいしいパンになりました。パンに使うなら葉が硬くても、練られている間に粉々になるので問題ありません。シソの使いみちが増えました。

そのほかのパンは、こちらのホームページをご覧ください。

http://hb-recipe.com/sisosausage.html

 

ホームベーカリーで小松菜とベーコンの食パンを作りました

komatunabaconpベーコンが入っているフランスパンが大好きなので、ベーコン入りのパンを作ってみました。脂っこくなるのは嫌でしたので脂肪分の少ないベーコンを使いました。彩に自家栽培している小松菜をゆでて加えました。作ってみて、このパンはベーコンによって味が随分と変わると感じました。今回はあっさりとした優しい味でしたが、次回は胡椒を効かせたピリッとしたパンを作ろうと思います。
材料1斤分 1250kcal
強力粉280g、砂糖大さじ2杯、塩小さじ1/2、コンデンスミルク小さじ2杯、ベーコン50g,小松菜(ゆでたもの)60g,ドライイースト2.8g、水180cc

作り方
ベーコンは荒くみじん切り、小松菜は生100gをゆでて荒くみじん切りにして60g位になるように水を絞ります。
ドライイーストはイースト投入口に入れます。ベーコン以外の材料をケースに入れてブドウパンコースで焼き始めます。ブザーが鳴ったらベーコンを入れます。約4時間で出来上がり。

詳しい作り方はhttps://hb-recipe.com/komatunabacon.htmlをご覧ください。

使用ホームベーカリーNatinal,SD-BT101,1997年製(うちのパンやさん)

ホームベーカリーで作ったとてもおいしい蜂蜜生姜パン

蜂蜜のメーカーにハチミツ印がありますが、そこの生姜茶というものを買いました。蜂蜜の中に生姜のスライスが入っていて、薄めて飲むものです。生姜の香りがして、甘さもすっきりしていました。

生姜は冷え性にも良い食材です。この寒い時期にはぴったりだと思ってパンに使いました。加熱中に香りが減ったら嫌だったので、生の生姜汁も加えました。

結論 とってもおいしくできました。噛んでいると生姜の香りが広がって、口の中がほんわりと暖かくなってきます。糖分は蜂蜜だけ。蜂蜜の効果なのか、しっとりとしていました。詳しいレシピはホームベーカリーでつくるパンのレシピのホームページをご覧ください。

https://hb-recipe.com/honeyginger.html

gingerbottlehoneyg50g

ホームベーカリーでつくるあずきパン 1450Kcal

介護食品としても使われている栄養補助食品(写真参照)をたくさんいただきました。ジュースにしてはとろっとした喉ごしです。1個で200Kcalあるので、肥満が気になる私としては頻繁に飲むのは避けたいところです。

それでパンに使ってみることにしました。やさしい甘みのあるパンができました。

あずきパン結合

材料 1斤 約1450Kcal

強力粉280g(SHOWA 978kcal), スキムミルク大さじ2(雪印 12g 43kcal ),
塩 小スプーン1/2(0kcal), バター10g(75kcal)、
ジャフネファインケアおしるこ味125ml(キューピー200kcal)、水55cc、
ゆであずき100g(缶入り、砂糖あり、144Kcal)ドライイースト小スプーン1(カメリア 2.8g、9Kcal)

作り方
1.イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。
2.食パンコースで焼きます。(焼き上がりまで約4時間)

ポイント
1.今回砂糖は使いませんでした。ファインケアとゆであずきに砂糖が使われているからです。2.塩も同上の理由で少量にしました。
3.水はゆであずきの水分(写真参照)を考慮してファインケアと合わせて180ccにしました。
水分の少ない「あんこ」の場合はあんこの量や水分量の変更が必要になると思います。
それはまた次の機会にご紹介します。

その他結合

これは改訂版のレシピです。
はじめはファインケアのみ200ccで作りましたが、あずきの味が薄かったため、ゆであずきを併用したものです。
ファインケアがなくても、たとえばカップ入りのお汁粉があれば、それを水の代わりに使えばよいと思います。試してみてくださいね。

 

 

 

ホームベーカリーでつくる きな粉パン

きな粉パンを作ってみました。強力粉220gにきな粉60gを配合したら、ふくらみの少ない硬いパンになりました。30gでも膨らみませんでした。3度目の正直(?)で15gにして他の材料の分量を変えて、ようやく食パンらしくできました。

ホームベーカリー(Natinal SD-BT101、1997年製)、スプーンは付属のもの、さじは市販の計量スプーンのことです。

材料 3度目の分量

強力粉265g きな粉15g、スキムミルク(無い時はクリープ) 大スプーン1(6g)、 砂糖 大スプーン3(25g)・塩 小スプーン1/2(2.5g),塩麹小さじ1、バター17g、ドライイースト小スプーン1,1/2  , 水200cc

作り方
1、 イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。
2、 ソフト食パンコースで焼きます。(焼き上がりまで約5時間)

* 今回はしっとりさせるために 塩の分量を減らして塩麹を加えました。また、イーストの分量を5割増しにしました。写真のように 少し膨らみ過ぎ位です。イーストの分量をほんの少し減らしても良いかもしれません。きな粉の香りは微かですがおいしいと言ってもらえました。

材料 2度目の分量

強力粉250g きな粉30g はちみつ 大さじ2(20cc) 砂糖 大スプーン1(8g), スキムミルク大スプーン1(6g) バター10g、水180cc ,塩 小スプーン3/4(3g)、 ドライイースト小スプーン1(2.8g)

作り方
1、 イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。
2、 食パンコースで焼きます。

* 膨らんでいませんが、噛み応えのある素朴な味でした。
きな粉の味はしっかりあります。

材料  初回の分量

強力粉220g,きな粉60g,はちみつ 大さじ2(20cc),
スキムミルク大スプーン1(6g), バター10g、水200cc, 塩 小スプーン3/4(3g)、ドライイースト小スプーン1(2.8g)

作り方
1、 イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。
2、 食パンコースで焼きます。

* 膨らみ方は2回目と同じ。食感は甘くない、昔風の素朴な(ちょっと肌理の粗い)カステラみたいでした。この場合は、砂糖の分量を増やしたほうが、おいしいと思いました。きな粉の味は濃厚です。

ホームベーカリーでつくる青汁(大麦若葉)パン

健康のために買った大麦若葉粉末(青汁)があったので、パンに使ってみました。やさしい色合いの風味のあるパンになり、抹茶系の味の好きな友人に、好評でした。「クリームチーズを塗ってもおいしいと思うよ」とコメントを貰いました。私はあんこをのせてみようと思います。

ホームベーカリー(National SD-BT101、1997年製)
(スプーンはホームベーカリー付属のもの、さじは市販の計量スプーンのことです。)

材料
強力粉280g、スキムミルク(無い時はクリープ) 大スプーン1(6g),     砂糖 大スプーン2(17g)・ 塩 小スプーン3/4(3g)・バター(マーガリン)10g,水(牛乳)200c、ドライイースト 小スプーン1(2.8g)
大麦若葉粉末100%3g入り2袋

作り方
1、 イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。
2、 ソフト食パンコースで焼きます。(焼き上がりまで約5時間)

 

 

ホームベーカリーでつくるゴマ食パン

5・6年前 カフェ併設のパン屋さん「いつものところ」(愛知県一宮市)、のゴマ食パンが大好きでした。モーニングに厚切パンまるまる1枚が付いていて気に入っていたのですが、閉店してしまいました。同じ味にはできませんが、懐かしんで作っています。

ホームベーカリー(Natinal SD-BT101、1997年製)                                             

材料
強力粉280g、スキムミルク大スプーン2、
砂糖大スプーン2、       塩小スプーン3/4弱、 水200cc、マーガリン17g、 ドライイースト小スプーン1、
黒ゴマ(すりごま)大さじ3、白いりごま大さじ1、
(スプーンは付属のものです)

作り方

1、イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。            

2、ソフト食パンコースで焼きます。焼き上がりまで約5時間)

あっさりとしたゴマ風味です。ゴマの大好きな方は黒ゴマの量を、もう1匙増やすか、白ごまを使わずに全部黒ゴマにしても良いと思います。いろいろ試してくださいね。

 

ロールドオートのパンケーキ

ロールドオートは、オート麦の外皮(ふすま)をとり除いてからローラーにかけて押しつぶし、押し麦状態にしたものです。精製されていないため、ビタミンB群をはじめ栄養豊富で、素材そのものの濃厚な味わいがあります。

食物繊維が残っていますから、糖質の消化・吸収を穏やかにしたり、コルステロールを下げる効果もあります。

通常の食事は、精製して貴重な栄養が減ってしまった白米や小麦粉などを使い、その減った栄養をおかずで補っているのだと思います。

時には精製されていない丸ごとの食材を使うのもよいのではないでしょうか。

材料(直径15cmが2枚)

ロールドオート 100g、            

全粒粉(そば粉・小麦粉などOK)50g

牛乳 150cc

卵1個

干しブドウ 適宜(今回は40g)

作り方

全ての材料を混ぜて、ロールドオートをふやかします。                

約10分位ですが、柔らかめが良い場合は時間を長くするか、ミキサーにかけてください。

オリーブオイルを引いたフライパンで、ホットケーキを焼く要領で両面を焼きます。

そのまま食べてもおいしいですが、ジャムなどをつけても結構です。

ポイント

そば粉を使うと少し固めに仕上がります。             出来上がり

そば粉入りにはリンゴジャムが良く合います。           

干しブドウの代わりにさまざまなナッツを加えて

楽しんでください。

ホームベーカリーでつくるマンゴーパン

我が家はドライフルーツが大好きです。干しブドウ入りのパンはよく作っていましたが、今回、初めてドライマンゴーを使って作ってみました。 予想以上に、ほんのり甘酸っぱいおいしいパンができました。

ホームベーカリー(Natinal SD-BT101、1997年製)

材料
強力粉250g、スキムミルク大スプーン2(12g)、塩 小スプーン3/4(3g)、砂糖 大スプーン2(16g位)バター25g、卵 中1個(50g位 溶く)、   ドライイースト 小スプーン13/4(4.8g)、ドライマンゴー30g(写真を参考にしてすべてみじん切りにしてください)、みかんの缶詰めの汁130cc(あるいはオレンジジュース)、
(スプーンは付属のものです)

作り方
1、 イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。      2、 バラエティー食パンコースで焼きます。(焼き上がりまで約2時間)

いつもは規定より少な目にするのですが、今回はバターと砂糖を規定通りの分量にしましたので、中がしっとり・やわらかく仕上がりました。

ドライマンゴーは砂糖が使われているものと使われていないものがありますので、好みにより砂糖の分量を調節してください。

ホームベーカリーで作るバナナパン

2.3年前 時短料理の番組でバナナを使ったベーグルの作り方を紹介していました。ホームベーカリーも使わずホットケーキミックスを利用し、発酵させないもので、おいしかったのですが時間がたつと少々かたくなりました。

それでイーストを使用してホームベーカリーで世話なしのパンを作ることにしました。ひと手間かけるなら、同じ材料で生地づくりコースを使えば、ベーグルにすることもできます。

ホームベーカリー(Natinal SD-BT101、1997年製)

材料
強力粉250g、スキムミルク 大スプーン2(12g)、塩 小スプーン3/4(3g)、砂糖 大スプーン1(8g位)バナナの甘みがあるので少な目にしました。甘め好きは2杯でもOK)、バター15gから20g、卵 中1個(50g位 溶く)、
バナナ 中1本(80g位)、ドライイースト 小スプーン13/4 (4.8g)
牛乳130cc (スプーンは付属のものです)

作り方
1、 イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。      2、 バラエティー食パンコースで焼きます。(焼き上がりまで約2時間)