簡単レシピ・人気のレシピ>梅シロップ 梅ジュースの作り方

梅シロップ 梅ジュースの作り方

毎年、梅が出る季節になると楽しみにしているのが梅シロップ作り。我が家では梅ジュースと呼んでいますが。子どもたちが大好きで、最初は4リットル瓶で作っていたのを数年前から8リットル瓶に変え、さらに今年は8リットル瓶と4リットル瓶の2本を導入しています。梅酒も作っていますが、学齢期の子どもがいるうちは我が家では梅シロップが優先かな。

梅シロップ

梅シロップ・梅ジュースの材料

8リットル瓶にいっぱい梅シロップを作るために必要な材料です。

  • 青梅4キロ
  • 氷砂糖4キロ

「こんなに入れたら、瓶に入りきらないよ」という声が聞こえてきそうです。無論、そのまま梅と氷砂糖を入れるだけでは溢れてしまいますが、上の写真左側を見てください。瓶の口ぎりぎりまでシロップが入っているのがわかると思います。

なお、青梅は季節の終わりまで待って、少々色づいたくらいの梅が安く出回るのを待ってから作ってもOKかと思います。

梅シロップ・梅ジュースの作り方

梅シロップを作る瓶を良く洗う

まず梅シロップを作る瓶の中を良く洗います。「熱湯で消毒すべし」と説明しているサイトも多いですが、こんな大きな瓶を熱湯で消毒するのは大変なので我が家ではしていません。良く洗ったら水で奇麗に流し、瓶の口を下向きにして瓶の下に隙間ができるようにして乾燥させています。これは空中を漂う菌やなるべく入らないようにするためです。毎年この方法でやっていますが、熱湯消毒をせずに問題が起きたことは一度もありません。

梅を冷凍する

買ってきた青梅は、水洗いしてへたを取り除いてから、ざっと水を切り、2キロずつくらいに分けて大き目のフリーザー袋に入れ、カチカチになるまで冷凍室で凍らせます。「梅の水気をよく拭いてから」とか「梅が乾いてから」というレシピもありますが、その間に菌が入るリスクが高くなりますから、それでは瓶を熱湯消毒しても意味がないと思います。ですから、我が家では水洗いしたらできるだけ早く冷凍室へ。

瓶に梅と氷砂糖を重ねて入れる

凍った梅2キロを瓶の底に入れます。凍ったままで大丈夫です。その上から氷砂糖2キロを投入します。無論、1キロずつでも構いません。混ぜてもかまいません。そうして瓶の口まで梅と氷砂糖を重ねて入れます。まず確実に、梅も氷砂糖も余るはず。でも、梅は凍らせてありますから、腐る心配はありません。

数日間置いて梅と氷砂糖を追加

口いっぱいまで梅と氷砂糖を入れたら、数日間瓶を常温で置いておきます。すると、凍って細胞壁が壊れた梅からは、通常よりも早くジュースがしみだしてきます。こうなると、全体の堆積が小さくなり、瓶の上の方には隙間ができてきます。

隙間ができたらそこを埋めるように、冷凍した梅と氷砂糖を追加します。ただし毎日少しずつ追加する必要はありません。最後の頃は、既に出たジュースの中に、梅と氷砂糖を追加するようになると思います。

梅シロップ作りは1ヵ月単位の作業ですから、梅を少しずつ追加しても、1ヶ月後には最初に入れた梅とほとんど変わらないくらいジュースが出て、梅がしぼんでいるはずです。

2週間もすれば梅シロップ

漬け始めて2週間もすれば、かなりの量の水分が出て、瓶の上まで水分が出ているはず。無論、もう飲むこともできますが、我が家では2か月くらいは寝かせて、梅からしっかりと水分が抜けるのを待ってから飲み始めます。


Sponsored Link
簡単レシピ・人気のレシピ
食のブログ
レシピ本
特集コーナー
リンク
Copyright© お勧めレシピと食材産直の 八百屋さん.COM Hitonomori Co. Ltd. All rights reserved.