自家製青紫蘇を使って食パン作り

sisosausage5月31日

青紫蘇の種を蒔いてから約1か月半 収穫ができるようになりました。例年秋ごろになると葉が硬くなって生で食べにくくなります。そんな葉の使いみちを考えていたのですが、今夢中になっているパンに使ってみようと思いました。

紫蘇とウインナーを使ってホームベーカリーで作る食パンです。

材料
強力粉280g 塩小さじ3/4 砂糖大匙1から2杯 スキムミルク大匙1杯 オイル小さじ1杯、水200cc ドライイースト小さじ1杯   青紫蘇20枚位 粗挽きウインナー 100g位

作り方 青紫蘇とウインナーをあらみじん切りにする。ドライイーストはイースト容器に入れる。ウインナー以外の材料をパンケースに入れてレーズンパンコースを選択。具材の投入合図があったらウインナーを投入する。焼きあがったら素早く取り出した冷まします。

ウインナーの香ばしさと紫蘇の香りのミックスしたおいしいパンになりました。パンに使うなら葉が硬くても、練られている間に粉々になるので問題ありません。シソの使いみちが増えました。

そのほかのパンは、こちらのホームページをご覧ください。

http://hb-recipe.com/sisosausage.html

 

ホームベーカリーで小松菜とベーコンの食パンを作りました

komatunabaconpベーコンが入っているフランスパンが大好きなので、ベーコン入りのパンを作ってみました。脂っこくなるのは嫌でしたので脂肪分の少ないベーコンを使いました。彩に自家栽培している小松菜をゆでて加えました。作ってみて、このパンはベーコンによって味が随分と変わると感じました。今回はあっさりとした優しい味でしたが、次回は胡椒を効かせたピリッとしたパンを作ろうと思います。
材料1斤分 1250kcal
強力粉280g、砂糖大さじ2杯、塩小さじ1/2、コンデンスミルク小さじ2杯、ベーコン50g,小松菜(ゆでたもの)60g,ドライイースト2.8g、水180cc

作り方
ベーコンは荒くみじん切り、小松菜は生100gをゆでて荒くみじん切りにして60g位になるように水を絞ります。
ドライイーストはイースト投入口に入れます。ベーコン以外の材料をケースに入れてブドウパンコースで焼き始めます。ブザーが鳴ったらベーコンを入れます。約4時間で出来上がり。

詳しい作り方はhttps://hb-recipe.com/komatunabacon.htmlをご覧ください。

使用ホームベーカリーNatinal,SD-BT101,1997年製(うちのパンやさん)

ホームベーカリーでつくる塩麹食パン

ブームになって久しい塩麹を、この頃やっと料理に使い始めました。肉・魚・野菜でも漬けておくと、しっとりとして・やわらかくて・おいしくて言われている通りでした。それでパンにも使ってみることにしました。

最初 塩麹を大さじ3杯で作ったら、柔らかすぎて包丁がべたついて切ることができませんでした。量を大さじ1杯にしたら、ほんのり麹の味のする、しっとりとして肌理(きめ)の細かいパンになりました。今度は包丁で切れました。

ホームベーカリー(National SD-BT101、1997年製)
(スプーンはホームベーカリー付属のもの、さじは市販の計量スプーンのことです。)

材料
強力粉280g ・ スキムミルク(無い時はクリープ) 大スプーン1(6g), 砂糖 大スプーン2(17g) ・ 塩麹 大さじ1(15cc) ・ バター10g, 水185cc(塩麹と合わせて200cc)・ドライイースト小スプーン1(2.8g)

作り方
1、イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。
2、ソフト食パンコースで焼きます。(焼き上がりまで約5時間)

ポイント

今回は、ますやみそ製の藻塩麹を使いました。メーカーによって塩加減が違うと思いますので調整してください。私は 通常の分量である水200ccに対して塩小スプーン1を入れたものと、水185ccに塩麹15ccを入れたものの味をみて塩加減が大体同じであるのを確かめました。

いつもは水の代わりに牛乳を使ったりしていますが、麹の味を大切にするため、今回は水にしました。麹を入れるとしっとりと仕上がり、発酵も良いので、夏は発酵しすぎないように冷水を使ったほうが良いと思います。

ホームベーカリーでつくるゴマ食パン

5・6年前 カフェ併設のパン屋さん「いつものところ」(愛知県一宮市)、のゴマ食パンが大好きでした。モーニングに厚切パンまるまる1枚が付いていて気に入っていたのですが、閉店してしまいました。同じ味にはできませんが、懐かしんで作っています。

ホームベーカリー(Natinal SD-BT101、1997年製)                                             

材料
強力粉280g、スキムミルク大スプーン2、
砂糖大スプーン2、       塩小スプーン3/4弱、 水200cc、マーガリン17g、 ドライイースト小スプーン1、
黒ゴマ(すりごま)大さじ3、白いりごま大さじ1、
(スプーンは付属のものです)

作り方

1、イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。            

2、ソフト食パンコースで焼きます。焼き上がりまで約5時間)

あっさりとしたゴマ風味です。ゴマの大好きな方は黒ゴマの量を、もう1匙増やすか、白ごまを使わずに全部黒ゴマにしても良いと思います。いろいろ試してくださいね。

 

ホームベーカリーで作るバナナパン

2.3年前 時短料理の番組でバナナを使ったベーグルの作り方を紹介していました。ホームベーカリーも使わずホットケーキミックスを利用し、発酵させないもので、おいしかったのですが時間がたつと少々かたくなりました。

それでイーストを使用してホームベーカリーで世話なしのパンを作ることにしました。ひと手間かけるなら、同じ材料で生地づくりコースを使えば、ベーグルにすることもできます。

ホームベーカリー(Natinal SD-BT101、1997年製)

材料
強力粉250g、スキムミルク 大スプーン2(12g)、塩 小スプーン3/4(3g)、砂糖 大スプーン1(8g位)バナナの甘みがあるので少な目にしました。甘め好きは2杯でもOK)、バター15gから20g、卵 中1個(50g位 溶く)、
バナナ 中1本(80g位)、ドライイースト 小スプーン13/4 (4.8g)
牛乳130cc (スプーンは付属のものです)

作り方
1、 イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。      2、 バラエティー食パンコースで焼きます。(焼き上がりまで約2時間)

   

ホームベーカリーで作るコーンパン

30年以上前、デパートに焼き立てのパンを売る店ができ、コーン入り食パンを初めて食べたとき、そのほのかな甘みとやわらかい食感にものすごく感激したのを今でも覚えています。

ホームベーカリー(Natinal SD-BT101、1997年製)で私なりに工夫して作ってみました。

材料
強力粉250g、スキムミルク 大スプーン1(6g位)、砂糖 大スプーン2(17g位)、塩 小スプーン1(5g)、バター20g、ドライイースト小スプーン1(2.8g位)、牛乳と缶詰の汁を合わせて150cc(コーンに水分があるため通常160ccですが、少な目にしてあります。汁を使うと甘めになり風味も増します)
コーン90g(甘みのある粒の缶詰、軽く水分を切ります)
(スプーンは付属のものです)

作り方
1、 イーストはイースト投入口に、それ以外の材料はパンケースに入れます。    2、 ソフトパンコースで焼きます。

ポイント
粒の感触を味わいたいときはぶどうパンコースで焼きます。投入時間を知らせるブザー     がなってからコーンを入れます。私は生地に細かく練りこまれたものが好きなのと     焼き色がうすく、柔らかい食感にしたいので、ソフトパンコースで焼きます。

ホームベーカリーで作るオートブラン入り食パン

3.4年前に使わないからとホームベーカリー(National SD-BT101)を貰ってから、いろんなパンを気楽に、少しくらい失敗しても食べられるって気持ちで作っています。最新のものは米粉やご飯を使えたり高性能でしょうが、私のは小麦粉だけの旧式で一斤用です。それでも、焼きたてが食べられるのは格別です。

材料
強力粉250g・ オートブラン(カラス麦のふすま)30g・スキムミルク(無い時はクリープ)大スプーン1(6g)・砂糖 大スプーン2(17g)、
塩 小スプーン1(5g)・バター(10g)・牛乳(100cc)・水(100cc)
ドライイースト 小スプーン1(2.8g)
*スプーンはホームベーカリー付属のものです

ポイント  牛乳を使わずに水200ccでもできますが、ふすまを入れるとパサパサとした食感になりやすいので、牛乳がない時は、スキムミルクを大スプーン2に増やして作っています。

作り方 ドライイーストはイースト容器に入れ、それ以外の材料はすべてパンケースに入れます。食パンコースで焼きます。約4時間で出来上がり。

 強力粉とオートブラン

オートブランはカラス麦のふすまです。悪玉コレストロールを下げ、善玉コレストロールを上げる作用があるそうです。

 

 

 

 焼き上がりの様子          

表面はパリッと、中はしっとりと出来上がり、評判は良かったです。