ホームベーカリーでつくるマンゴーパン

我が家はドライフルーツが大好きです。干しブドウ入りのパンはよく作っていましたが、今回、初めてドライマンゴーを使って作ってみました。 予想以上に、ほんのり甘酸っぱいおいしいパンができました。

ホームベーカリー(Natinal SD-BT101、1997年製)

材料
強力粉250g、スキムミルク大スプーン2(12g)、塩 小スプーン3/4(3g)、砂糖 大スプーン2(16g位)バター25g、卵 中1個(50g位 溶く)、   ドライイースト 小スプーン13/4(4.8g)、ドライマンゴー30g(写真を参考にしてすべてみじん切りにしてください)、みかんの缶詰めの汁130cc(あるいはオレンジジュース)、
(スプーンは付属のものです)

作り方
1、 イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。      2、 バラエティー食パンコースで焼きます。(焼き上がりまで約2時間)

いつもは規定より少な目にするのですが、今回はバターと砂糖を規定通りの分量にしましたので、中がしっとり・やわらかく仕上がりました。

ドライマンゴーは砂糖が使われているものと使われていないものがありますので、好みにより砂糖の分量を調節してください。

ホームベーカリーで作るコーンパン

30年以上前、デパートに焼き立てのパンを売る店ができ、コーン入り食パンを初めて食べたとき、そのほのかな甘みとやわらかい食感にものすごく感激したのを今でも覚えています。

ホームベーカリー(Natinal SD-BT101、1997年製)で私なりに工夫して作ってみました。

材料
強力粉250g、スキムミルク 大スプーン1(6g位)、砂糖 大スプーン2(17g位)、塩 小スプーン1(5g)、バター20g、ドライイースト小スプーン1(2.8g位)、牛乳と缶詰の汁を合わせて150cc(コーンに水分があるため通常160ccですが、少な目にしてあります。汁を使うと甘めになり風味も増します)
コーン90g(甘みのある粒の缶詰、軽く水分を切ります)
(スプーンは付属のものです)

作り方
1、 イーストはイースト投入口に、それ以外の材料はパンケースに入れます。    2、 ソフトパンコースで焼きます。

ポイント
粒の感触を味わいたいときはぶどうパンコースで焼きます。投入時間を知らせるブザー     がなってからコーンを入れます。私は生地に細かく練りこまれたものが好きなのと     焼き色がうすく、柔らかい食感にしたいので、ソフトパンコースで焼きます。