ホームベーカリーでつくるあずきパン 1450Kcal

介護食品としても使われている栄養補助食品(写真参照)をたくさんいただきました。ジュースにしてはとろっとした喉ごしです。1個で200Kcalあるので、肥満が気になる私としては頻繁に飲むのは避けたいところです。

それでパンに使ってみることにしました。やさしい甘みのあるパンができました。

あずきパン結合

材料 1斤 約1450Kcal

強力粉280g(SHOWA 978kcal), スキムミルク大さじ2(雪印 12g 43kcal ),
塩 小スプーン1/2(0kcal), バター10g(75kcal)、
ジャフネファインケアおしるこ味125ml(キューピー200kcal)、水55cc、
ゆであずき100g(缶入り、砂糖あり、144Kcal)ドライイースト小スプーン1(カメリア 2.8g、9Kcal)

作り方
1.イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。
2.食パンコースで焼きます。(焼き上がりまで約4時間)

ポイント
1.今回砂糖は使いませんでした。ファインケアとゆであずきに砂糖が使われているからです。2.塩も同上の理由で少量にしました。
3.水はゆであずきの水分(写真参照)を考慮してファインケアと合わせて180ccにしました。
水分の少ない「あんこ」の場合はあんこの量や水分量の変更が必要になると思います。
それはまた次の機会にご紹介します。

その他結合

これは改訂版のレシピです。
はじめはファインケアのみ200ccで作りましたが、あずきの味が薄かったため、ゆであずきを併用したものです。
ファインケアがなくても、たとえばカップ入りのお汁粉があれば、それを水の代わりに使えばよいと思います。試してみてくださいね。

 

 

 

ホームベーカリーでつくるゴマ食パン

5・6年前 カフェ併設のパン屋さん「いつものところ」(愛知県一宮市)、のゴマ食パンが大好きでした。モーニングに厚切パンまるまる1枚が付いていて気に入っていたのですが、閉店してしまいました。同じ味にはできませんが、懐かしんで作っています。

ホームベーカリー(Natinal SD-BT101、1997年製)                                             

材料
強力粉280g、スキムミルク大スプーン2、
砂糖大スプーン2、       塩小スプーン3/4弱、 水200cc、マーガリン17g、 ドライイースト小スプーン1、
黒ゴマ(すりごま)大さじ3、白いりごま大さじ1、
(スプーンは付属のものです)

作り方

1、イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。            

2、ソフト食パンコースで焼きます。焼き上がりまで約5時間)

あっさりとしたゴマ風味です。ゴマの大好きな方は黒ゴマの量を、もう1匙増やすか、白ごまを使わずに全部黒ゴマにしても良いと思います。いろいろ試してくださいね。