ホームベーカリーで小松菜とベーコンの食パンを作りました

komatunabaconpベーコンが入っているフランスパンが大好きなので、ベーコン入りのパンを作ってみました。脂っこくなるのは嫌でしたので脂肪分の少ないベーコンを使いました。彩に自家栽培している小松菜をゆでて加えました。作ってみて、このパンはベーコンによって味が随分と変わると感じました。今回はあっさりとした優しい味でしたが、次回は胡椒を効かせたピリッとしたパンを作ろうと思います。
材料1斤分 1250kcal
強力粉280g、砂糖大さじ2杯、塩小さじ1/2、コンデンスミルク小さじ2杯、ベーコン50g,小松菜(ゆでたもの)60g,ドライイースト2.8g、水180cc

作り方
ベーコンは荒くみじん切り、小松菜は生100gをゆでて荒くみじん切りにして60g位になるように水を絞ります。
ドライイーストはイースト投入口に入れます。ベーコン以外の材料をケースに入れてブドウパンコースで焼き始めます。ブザーが鳴ったらベーコンを入れます。約4時間で出来上がり。

詳しい作り方はhttps://hb-recipe.com/komatunabacon.htmlをご覧ください。

使用ホームベーカリーNatinal,SD-BT101,1997年製(うちのパンやさん)

抜き菜とマグロの簡単カルパッチョサラダ

130123まぐろのカルパッチョサラダ小松菜添え  自家製のもち菜(小松菜)の抜き菜を使ってマグロのカルパッチョサラダを作りました。抜きたてはとてもやわらかくて生でもOK.
もち菜は愛知県地方で正月のお雑煮に入れる青菜です。小松菜に似ていますが少し葉がやわらかいのが特徴です。

 

冷凍のマグロ等で水っぽかったら、塩を振ってしばらく置いてから、しみ出た水分を拭き取ります。乾燥わかめをお湯で戻してざく切り。抜き菜もざく切り。

カルパッチョソース
味付けはちょっと後ろめたいですが、市販のカルパッチョソースです。これが今まで食べた中で一番おいしかったソースです。スーパーでスモークサーモンに小袋タイプが添えられていました。気に入ったので容器入りを売っている店をメーカーに聞いて購入しました。わさびでトップシェアを誇る金印製です。

 

自家製もち菜(小松菜)のスプラウトサラダ

自家製の無農薬野菜でサラダを作りました。

もち菜(小松菜)・油菜・ほうれん草を栽培しています。買ったプランターもあれば壊れた洋服ダンスの引き出しなどを再利用しています。芽がたくさん出たので、間引いた抜き菜(スプラウト)を使ってサラダを作りました。今回はもち菜です。

130119もち菜の抜き菜

 

 

もち菜とは愛知県地方で正月のお雑煮に入れる青菜のことで、他地方では小松菜とも呼ばれるらしいのですが、小松菜と比べると葉がやわらかいのが、特徴です。

間引き方  3・4本まとめて抜いてすぐ鋏で根を切り落とします。または植わっている根元をはさみで切ります。抜いただけで後から根の始末をするのは大変手間がかかりますし、根に絡んだ土を洗い落とすのもなかなか難しいものです。nukinasarada

作り方

1.良く洗った抜き菜(スプラウト)を水切りしてゆでたエビ・クリームチーズの角切り・細かく切ったトマトをのせます。

2.味付けはマジックソルト(ハーブ塩)・オリーブオイル少々・レモン汁を振りかけるだけ。

新鮮なので薄味でおいしく食べられます。

我が家は年寄もいますので普段から和食中心です。けれどこれはチーズも使ってちょっぴり洋風アレンジ。20才になる娘も「おしゃれー」と大げさに驚いて食べてくれました。それだけ我が家にとっては珍しい料理ということです。