ホームベーカリーで小松菜とベーコンの食パンを作りました

komatunabaconpベーコンが入っているフランスパンが大好きなので、ベーコン入りのパンを作ってみました。脂っこくなるのは嫌でしたので脂肪分の少ないベーコンを使いました。彩に自家栽培している小松菜をゆでて加えました。作ってみて、このパンはベーコンによって味が随分と変わると感じました。今回はあっさりとした優しい味でしたが、次回は胡椒を効かせたピリッとしたパンを作ろうと思います。
材料1斤分 1250kcal
強力粉280g、砂糖大さじ2杯、塩小さじ1/2、コンデンスミルク小さじ2杯、ベーコン50g,小松菜(ゆでたもの)60g,ドライイースト2.8g、水180cc

作り方
ベーコンは荒くみじん切り、小松菜は生100gをゆでて荒くみじん切りにして60g位になるように水を絞ります。
ドライイーストはイースト投入口に入れます。ベーコン以外の材料をケースに入れてブドウパンコースで焼き始めます。ブザーが鳴ったらベーコンを入れます。約4時間で出来上がり。

詳しい作り方はhttps://hb-recipe.com/komatunabacon.htmlをご覧ください。

使用ホームベーカリーNatinal,SD-BT101,1997年製(うちのパンやさん)

ホームベーカリーで作ったとてもおいしい蜂蜜生姜パン

蜂蜜のメーカーにハチミツ印がありますが、そこの生姜茶というものを買いました。蜂蜜の中に生姜のスライスが入っていて、薄めて飲むものです。生姜の香りがして、甘さもすっきりしていました。

生姜は冷え性にも良い食材です。この寒い時期にはぴったりだと思ってパンに使いました。加熱中に香りが減ったら嫌だったので、生の生姜汁も加えました。

結論 とってもおいしくできました。噛んでいると生姜の香りが広がって、口の中がほんわりと暖かくなってきます。糖分は蜂蜜だけ。蜂蜜の効果なのか、しっとりとしていました。詳しいレシピはホームベーカリーでつくるパンのレシピのホームページをご覧ください。

https://hb-recipe.com/honeyginger.html

gingerbottlehoneyg50g

塩麹作りにチャレンジ1

塩麹の手作りに興味がありましたが、きっちりと管理しないと失敗しそうでやらずにいましたが、「発酵マニアの天然工房」という本に出会って、気軽に試してみようという気になりました。本についてはhttps://honwoyomu.com/books/4883205533.htmlをご覧ください。

作り方袋の裏

通常は水で塩麹を作るようですが、上記の本には豆乳を使うレシピが載っていました。

水と豆乳の両方を試すことにしました塩を混ぜた麹

麹の袋の作り方と本のレシピでは分量が違いますが、大差はないと思いました。実験ですから分量は少な目です。本のレシピで作ります。

作り方 

麹160gに、塩45g(麹の大体3割)を混ぜて合わせる。(左写真)

 

130124初日左豆乳

2つのビンに分けて片方には水を80cc、もう片方には豆乳を80cc入れてよく混ぜました。(袋にも本にも書いてありませんでしたが、ビンは念のため、熱湯消毒して冷ましてから使いました。)

(左側が豆乳を入れたもの、 右側が水を入れたもの)

1日1回かき混ぜて常温に置いておく。 蓋はきっちりせずにゆるめにするのが大切とのこと。

本では無農薬・天然塩を推奨していましたので手に入れやすい下記の豆乳と塩を使いました。

ドキドキしながら実験の開始です。

有機豆乳赤穂の阿真塩