チーズケーキ(プレーン・抹茶) アレンジ版

Mr.チーズケーキがそのレシピを公開。それを見て、早速作ってみることに。パウンド型1本分に生クリームを100gで、ちょうど家にパウンド型が2つあったため、使い切るために倍の量で作ることにしました。そして片方には抹茶を入れることに。トンカ豆は、手に入りにくいのと子どもがその味があまり好きではないため、無しにしました。
グラニュー糖はオリゴ糖とメープルのミックスで、家にあったオリゴ糖が残りが少なかったため、かなり少なめになりました。食べる際は、プレーンの方に貴腐ワイン漬けのサクランボのコンフィチュールをソース代わりにかけました。抹茶の味が控えめだったので、今度は抹茶濃いめで作ってみたいと思います。

【材料】:22cmパウンド型 1台分/2台分
・ クリームチーズ(室温に戻す)・・・200g/400g。
・ グラニュー糖(メープルシロップ・オリゴ糖)・・・70g/140g。
  (2本分のMIXの場合 メープルシロップ30g・オリゴ糖110g)。
・ サワークリーム・・・180g/360g。
・ ギリシャヨーグルト・・・50g/100g。
・ 生クリーム(43~45%)・・・100g/200g。
・ 卵(室温に戻しておく)・・・2個/4個。
・ コーンスターチ・・・20g/40g。
・ レモン果汁・・・9g/18g。
・ ホワイトチョコレート・クーベルチュール・・・50g/100g。
・ コーンスターチ・・・20g/40g。
・ バニラビーンズ・・・1/4本 / 1/2本。
・ レモンの皮のすりおろし・・・適量。
・ 抹茶パウダー・・・5g。

下準備
・ クリームチーズと卵は室温に戻す。卵は溶いておく
・ 型にオーブンシートを敷く。
・ バニラビーンズは縦に切り、中の種をこそげとっておく。
・ オーブンは180℃に温めておく。
・ オーブンの湯銭焼きようにお湯を沸かしておく。

【作り方】
1.クリームチーズ、グラニュー糖をボウルに入れ、湯銭にかけてホイッパーで滑らかになるまでよく混ぜる。(POINT:生地の温度を上げるため。生地の温度を上げ、生地の温度が高い状態で焼くと時短とくちどけが良くなる。)
2.別のボウルにサワークリーム、ギリシャヨーグルトを入れ、ゴムベラでよく混ぜる。
3.2に卵を3回に分けて入れ、その都度ホイッパーでよく混ぜる。レモン果汁とコーンスターチも入れ、さらに混ぜる。
4.小鍋に生クリーム、ホワイトチョコレート、バニラビーンズ(種とさや)、レモンの皮のすりおろしを入れ、中火にかける。沸騰したら火を止める。
5.1に4を入れ、ホイッパーで混ぜる。さらに3を加え、滑らかな状態になるまで混ぜ、網など濾す。
6.一つの型に半量いれる。(型の8~9割くらいまで入れる)残った生地に抹茶パウダーを入れて、よく混ぜ、もう一つの型に入れる。
7.天板に型を置き、熱湯を2~3cmくらいの高さまで入れる。(天板が浅い場合は、型より大きいバットに入れて湯をはり、天板に置く。POINT:湯銭焼きすることでやわらかな食感に!)
8.180℃のオーブンで25分焼き、150℃に下げて20分焼く。焼けたら、取り出し、粗熱が取れたら、型から出して冷蔵庫で4時間以上冷やす。

チーズケーキ(NYチーズケーキ)

いただいたクッキーにシナモンが入っており、子供たちの食べが悪く、余っていたため、何かいい方法がないかと思い考えていました。そこで、思いついたのが、チーズケーキの土台。
テレビ番組でちょうどNYチーズケーキを作っていて、
息子が「チーズケーキが大好き!食べたい!」と言っていたので、
早速このチーズケーキを作ることにしました。
そのレシピでは、クリームチーズを1.5kg使うと言っていましたが、
さすがに多いので、1kgにして作りました。
(たまたま1kgが安く売っていたので。それでも多いけど。)
絶対に割れないNYチーズケーキのレシピのはずですが、
家のオーブンは湯銭焼きができる鉄板の高さではなかったため、
若干割れてしまいました。
しかも、NYチーズケーキ風なのに白いお肌ではなくしっかりこんがりしている?
オーブンが強すぎたのか、TVのレシピが間違っていたのかは不明です。
でも、味はしっかり濃厚なNYチーズケーキでした!

●材料
20cmのケーキ型(底が抜けるタイプがよい)
クリームチーズ・・・1kg(室温に戻しておく)
卵・・・3個
薄力粉・・・25g
強力粉・・・25g
サワークリーム・・・70cc
メープルシロップ(砂糖)・・・1カップ
バニラエクストラクト・・・大さじ1
(天然のバニラとアルコールを合わせたもの)
土台
クッキーまたはグラハムクラッカー・・・15枚
バター・・・大さじ2
【下準備】
・型に、バターを塗る。
・底が抜けるタイプの方の場合は、外回りにアルミホイルを2枚
クロスさせて覆う。(湯銭の時にお湯が入らないようにするため。)
カバーする。
・湯銭焼き用のお湯を沸かす。
●作り方
土台
1.バターを耐熱の器に入れ、電子レンジに20秒ほどかけて溶かす。
2.クッキーをビニール袋に入れ、麺棒などでたたいて細かくします。
(フードプロセッサー等で細かく砕いてもよい。)
3.型に、砕いたクッキーを入れ、溶けたバターを入れ、全体にバターと
なじむように混ぜ、肉たたきなどで上から押さながら型全体に平らに伸ばす。
4.180度のオーブンの下段で、15分焼く。
5.土台が焼けたら、冷ましておきます。
チーズケーキ
6.室温に戻しやわらかくなったクリームチーズをボールに入れ、
ミキサーで滑らかになるように混ぜる。
7.薄力粉と強力粉を混ぜたものをふるうか、泡だて器で混ぜて、
クリームチーズのボールに1/3ほど入れ混ぜ合わせる。
8.卵を1個入れ、クリームチーズのボールに入れ混ぜ合わせる。
9.サワークリームも1/3ほどクリームチーズのボールに入れ、混ぜ合わせる。
10.メープルシロップ(砂糖)も1/3ほどクリームチーズのボールに入れ、
混ぜ合わせる。
11.7~10を繰り返して、すべて入れる。
12.バニラエクストラクトも入れる。
cheesecake1
13.混ざったら、型に入れ、表面を均一にする。
14.オーブンは180度に温めておき、鉄板に13を入れ、オーブンの下段か中段に入れ、
型の高さの半分ほどお湯を注ぐ。
15.180度のオーブンで45分焼いた後、150度に落として30分焼く。
cheesecake3
16.焼けたら粗熱を取る。冷蔵庫で4時間ほど冷やすと生地が絞まっておいしくなる。
cheesecake2
17.お好みの大きさにカットし、季節の果物やクリームを添えてもよい。
(今回は、マスカットのコンポートに生クリームを添えました。)
cheesecake4
*手作りバニラエクストラクト
バニラビーンズ1本を半分にカットし、ダークラムかバーボン200ccと一緒にきれいな瓶に
入れます。冷暗所に置き、1日1回ほど振りながら、2週間ほど漬け込めばできあがり。
(できれば、1,2か月漬け込むとよいそうです。)
vanillaextract1