鰹節(本節)を購入 でも亀節って何だ?

今日はいちのみや大学のマクロビオティック講座に行く途中、一宮市の本町商店街の中では一二を争う人気店、安藤鰹節店に立ち寄って鰹節を購入。ちなみにここの親父さんのこだわりは半端ではなく、鰹節削り器をここで購入した時には、削り方について30分くらいのレクチャーを受けることになりました。

今日お店を覗くと「本節」の隣に「亀節」というものが並んでいます。「本節」もよく聞く言葉ではありますが、「意味は?」と問われると良く知りませんでしたが、「亀節」はなおなじみがありません。

そこで聞くは一時の恥。「亀節って何ですか?」と聞いてみました。

すると「亀節は小さめのカツオを3枚におろした半身を干したもので、身の上と下が一緒にくっついていて、真中には少し骨が引っ掛かる部分がある」のだそう。では本節はと言うと、「大きめのカツオを3枚におろした半身を、さらに上下に切り分けたもの」だそう。

なるほど。

「うちの鰹節は、亀節でも本節でも味は変わりませんよ。でも削り易いのは本節。」とのことだったので、ちょっと割高だけど、本節を一つ買って来ました。

鰹節 本節