生食用のラッキョウ

ラッキョウ

事務所の大家さんからラッキョウを大量に頂きました。大家さんも知り合いから頂いたものだとか。このラッキョウは小粒で、漬けものではなく、沖縄の島ラッキョウのように生食用のもの。ちなみに沖縄の島ラッキョウも、沖縄だけにあるラッキョウというわけではなく、普通のラッキョウの若いものだとか。

ただしこの頂き物のラッキョウ、植えて4年が経過したものだとか。植えた最初は粒が大きなものができ、それはいわゆるラッキョウ漬用になるそう。それを数年置いておくとだんだんラッキョウの粒が細かくなって来て生食に適したものができるのだとか。沖縄の島ラッキョウがどうやって作られているのかまでは知りませんが。