桃のムース、桃のジュレのせ

作ったのは7月ですが、レシピをアップするのが遅くなってしまいました。
今年も庭の桃の木に実がなりました。
でも、虫食いや傷等で痛んでくるので、加工することに。
今年はムースの上に桃のコンポートで作ったジュレをのせてみました。
ジュレも好評でもう少しまとめて作ってもよかったかと思いました。
ムースでアレンジしてみました。
(はちみつが余っているため、はちみつを使用していますが、
グラニュー糖で大丈夫です。)
pechegeleemousse11

●材料
グラス4つ分
【桃のコンポート・ゼリー】
桃・・・2個
白ワイン・・・200cc
(白ワイン・水・・・各100ccでもOK)
はちみつ(グラニュー糖)・・・30g
レモン汁・・・1/2個分
桃のお酒・・・大さじ2
板ゼラチン(氷水でふやかす)・・・4g

【桃のムース】
桃(ピューレ用)・・・100g
メープルシロップ(グラニュー糖)・・・20g
生クリーム(乳脂肪分35%)・・・150cc
板ゼラチン(氷水でふやかす)・・・4g
桃のお酒・・・大さじ2

お好みでミントの葉・・・適宜

●準備
板ゼラチンは氷水に入れてふやかしておく。

●作り方
【桃のムース】
1.桃は、半分に切り、種を取り、皮をむき、くし切りにする。
pechegeleemousse01

2.1とメープルシロップ(グラニュー糖)を小鍋に入れ、ハンドミキサーでピュレ状にする。
pechegeleemousse02

3.2を火にかけ沸いたら、桃のお酒をふやかしておいたゼラチンを加え混ぜる。
pechegeleemousse03

4.氷水にあてて粗熱を取る。

5.生クリームを6分立て(すくうと、トロット落ちて筋が残らない程度)に泡立て、4と合わせる。
pechegeleemousse04

6.5をグラスに流しいれ、ラップをして、冷蔵庫で冷やし固める。
pechegeleemousse05

【桃のコンポート・ゼリーを作る】
7.桃は半分に切り、種を取り、皮をむき、くし形にする。

8.小鍋に7の桃とむいた皮と白ワイン、はちみつ(グラニュー糖)、レモン汁を入れ、中火にかけ
、20分ほど煮る。桃のお酒を入れる。桃の皮は取り出す。
pechegeleemousse06

9.粗熱が取れたら、耐熱容器に流しいれ、氷水でふやかしておいたゼラチンを一枚ずつ入れ、混ぜながら溶かす。
pechegeleemousse07

5.4の底を氷水にあてながら、ゴムベラで軽くとろみが出るまで混ぜ合わせる。
pechegeleemousse08

6.5を冷蔵庫で1~2時間冷やし固める。

【仕上げ】
12.桃のムースと桃のコンポートジュレが固まったら、桃のムースの上に桃のコンポート
ジュレをスプーン等で乗せる。お好みでミントの葉を飾る。
pechegeleemousse09

pechegeleemousse10