抹茶のフレンチトースト

この2・3年、パンケーキブームのようでした。(私にはパンケーキというよりホットケーキという方がなじみがあります。違いがあるのかなと思っていましたが、同じように疑問に思っている方も多いらしく、検索すると、甘みの少ないものをパンケーキと呼ぶメーカーもあるけれど、両者は同じものでした。いろんな種類のパンケーキ用の粉がたくさん売られていたので、ある意味、メーカー主導のブームに感じていましたが、)

そして、この頃はフレンチトーストが人気のようです。愛知県一宮市は喫茶店のモーニングサービスが有名ですが、トーストやサンドイッチのほかにフレンチトーストを出すところが多くなりました。

私のフレンチトーストのイメージは、日にちが経って硬くなったフランスパンを使うものですが、この頃のフレンチトーストは、柔らかい食パンを使うものも多いようで、どんな食感なのか非常に興味がありました。

そんな時に娘が作ってくれた「抹茶フレンチトースト」です。以下 娘のレシピ。

抹茶のフレンチトースト

作り方:
抹茶小さじ1杯・牛乳100cc・卵を混ぜてパンを30分~1時間漬ける。

浸す
気が済んだら(好みの浸し具合になったら)フライパンにバターをしき、両面焦げ目がつくまで中火~弱火で焼く。
生クリーム60ccと砂糖小さじ2杯を混ぜ、角が立つまで泡立てる。
ホイップ
泡立てたらこんな感じ。
抹茶小さじ4杯・クリープ(スキムミルク)2杯・牛乳大さじ1杯・水大さじ1杯位で適当に(お好みの)ソースらしいものを作る。割と苦いです。

焼きあがったパンにホイップと抹茶ソース・あんこを添えます。以上。

(・・・)は私の追記です。

さて、出来上がりの写真添付のメールを昼食直前に職場で受け取り、大喜びで帰宅して食べた感想は、「抹茶のほろ苦さがあり、パンが柔らかすぎず(べちょべちょせず)、ホイップ付きの味・あんこ付きの味・全部混ぜた味と、それぞれ楽しめて美味しかった」です。