家庭菜園・純白ゴーヤのツナマヨサラダ

5月にホームセンターで純白ゴーヤの苗を発見。プランターに植えて夏は緑のカーテンとして元気に育ち、暑さが少し安らいだ9月に入って、いつの間にか小さいながらも、実がなっていました。

1

半分に割ってみると、収穫時期が少し遅かったのかすっかり黄色く変色したものの、大きい方の果長は12㎝。果径は7㎝ほどで果色は純白色。大変肉厚で1~1.5㎝も!苦みもほとんどなくサラダとして食することに。

2

作り方:
ゴーヤ2個。塩少々。ツナ缶1個。マヨネーズ大匙1。砂糖少々。紫蘇3枚。

ゴーヤの種を取り、スライスし、塩をまぶして15分ほど置く。

3

水分がたっぷりでるので、きれいに洗い流し、ツナ、マヨネーズ、紫蘇の千切り、砂糖少々で味付けして、出来上がり。冷蔵庫で少し冷やしてから、いただきました。

苦瓜の苦みは全くなく、少々香りがするくらい。しゃきしゃきと水分が沢山あり、ツナマヨサラダが好きな方なら、ぺろりといただけます。

その後、緑のカーテンの葉に隠れたゴーヤをもう一つ発見。しかし時すでに遅し!?黄色く熟し実が割れ赤い種が顔を出しています。さらに、ムクムクに太った青虫がおいしそうに黄色い実を食しておりました。2歳の娘は「こわいー」と表現していましたが、その種の赤い部分は食べられる!とのこと。そのままいただいてみたところ、味はとっても甘く、よく熟したサクランボのよう。デザートになりました。白ゴーヤは、食べる楽しみが広がり、なかなかおすすめです。

6