簡単レシピ・人気のレシピ>料理教室>アサリのスパゲティの作り方 ボンゴレビアンコのレシピ

小豆の茹で方・ぜんざいの作り方

家族で潮干狩りに行ったら、アサリが結構たくさんとれたので、申し訳程度にアサリが入っているスパゲティではなく、アサリがこれでもか!と入っているボンゴレビアンコを作ってみました。ボンゴレビアンコのレシピを見るとよくあるバターも使いません。オリーブオイルで済ませます。

ボンゴレビアンコの材料(二人分)

お好みのスパゲティ200g
砂抜きを済ませたアサリお好きなだけ
白ワイン100ml
オリーブオイル50ml
ニンニク大1かけ
小さじ1
しその葉適量お好みで

ボンゴレビアンコの作り方

ニンニク大1かけをみじん切りにします。フライパンにオリーブオイルをたっぷり入れます。バターを使用しませんので、オリーブオイルを多めにしてください。

オリーブオイルの中にニンニクを入れて弱火にかけます。ふつふつと泡が出て来たら火を止めます。雑味が出ますのでニンニクを焦がさないようにしてください。

 パスタを火にかけます。指定の茹で時間より2分短いタイミングでアサリと合わせますので、茹で時間を必ず確認してください。塩やオイルはスパゲティを茹でる鍋には入れません。

 別のフライパンあるいは鍋で、アサリを白ワインを使って酒蒸し状態にします。他のレシピを見ると、熱したオリーブオイルの中に直接アサリを投入するものが多いようですが、冷たいワインの中に砂出ししたアサリをよく洗って放り込み、火にかけます。

 アサリの口が開いたら、ニンニクを入れて熱しておいたオリーブオイルを合わせ、強火で少し煮汁を飛ばします。そして、塩を入れます。塩加減はアサリがつかっていた塩水の濃度によっても変わりますから、少なめに入れて味見をしてください。

 指定の時間よりも2分早くあげたスパゲティを全量、アサリの入っているフライパン(鍋)に入れ、よく混ぜます。こうすると、スパゲティがアサリの出汁をよく吸ってくれておいしくなります。強火で手早く、1分ほど汁をスパゲティに絡めます。

 火を止めるタイミングはお好み次第で。アルデンテが良い人は、指定の時間より1分短めにあげてください。盛り付けをしている間にちょうどよくなります。

 アサリとスパゲティを皿に盛って出来上がり。激うま間違いなし!お好みで青じそ(オオバ)の千切りをどうぞ。


Sponsored Link
簡単レシピ・人気のレシピ
食のブログ
レシピ本
特集コーナー
リンク
Copyright© お勧めレシピと食材産直の 八百屋さん.COM Hitonomori Co. Ltd. All rights reserved.