簡単レシピ・人気のレシピ>パイナップルの食べ方・きり方

パイナップルの切り方・食べ方

 買ってきた丸ごとのパイナップルの切り方・食べ方です。

昔はパイナップルと言えば缶詰でしたが、今は生のパイナップルが普通になりました。あらかじめカットしてあるパイナップルもありますが、安いものなら丸ごとのパイナップルも300円とかで近くのスーパーで購入できます。

 パイナップルの産地も以前はフィリピンとかハワイだったように思いますが、現在は沖縄のパイナップル・石垣島のパイナップルも値段は輸入物よりかなり高いにもかかわらず大人気です。

 生のパイナップルは自然の甘さでとてもおいしくもの。そして生で食べる他に、酢豚に入れたり、あるいはピザにトッピングしたりとか、楽しみ方もいろいろです。

 でも甘い匂いを出す大きなパイナップルを「買いたいなあ」と思っても「どうやって切ったらいいんだろ?」とためらってしまう人もいると思います。また、買ってみても皮をきれいにむこうとすると、身までたくさん削ってしまって、食べられるところまで沢山捨ててしまうことも多いでしょう。そしてパイナップルの皮を剥いたり実を切ったりしている間に手はべたべた、なんてことも。

別にパイナップルの切り方にルールがあるわけではありませんが、スマートそして無駄なく皮を剥いたり切ったりする方法もあります。海外で覚えてきたパイナップルの切り方を紹介します。葉付きのパイナップル一玉用意してください。

パイナップルの切り方

  1. パイナップルの葉は最初に落としません。この葉の部分を柄のようにもってパイナップルの皮を剥いていきます。葉が固くて痛い場合は、葉の部分を少し削って茎だけにします。写真のパイナップルの葉は柔らかかったのでそのまま作業しています。
  2. 皮を剥きます。茶色いボツボツの部分だけが残るくらいに皮を剥きます。このボツボツの部分まで剥こうとすると実の部分をかなり削らなくてはならないので、無駄が多くなります。
  3. ここがポイントです。 茶色いぼつぼつの部分をよく見ると、斜めのラインに沿って規則的に並んでいるのがわかります。これはパイナップルだけでなく多くの植物に見られる特徴です。
    そして包丁をこのラインに沿って斜めに入れます。ラインの両側から包丁を入れて、ぼつぼつの部分だけをとります。
  4. 包丁を斜めに入れ終わったパイナップルがこれ。らせん状に切込みが入っていてなかなか愉快です。残った皮があったらこの状態できれいに取り除いておきます。
  5. 葉の部分とお尻の部分を落とすのはこのあとです。既にきれいにしてありますから、これ以降はあまり手が汚れることはありません。
  6. 縦にしたパイナップルに包丁を入れます。小ぶりのものなら縦に4つ割り、大降りのパイナップルなら6つ割りくらいがちょうど良い大きさです。
  7. 縦に割ったパイナップルの芯をとります。芯の部分にもジュースが詰まっていますから、しゃぶるなり絞るなりどうぞ。
  8. パイナップルの実の部分を食べやすい大きさに切ってできあがり。

Sponsored Link
簡単レシピ・人気のレシピ
食のブログ
レシピ本
特集コーナー
リンク
Copyright© お勧めレシピと食材産直の 八百屋さん.COM Hitonomori Co. Ltd. All rights reserved.