チョコレートプリン

先日食べたお店のチョコレートプリンがおいしかったので、
家でも挑戦しました。

家にあったのは、タブレット型のチョコレート。
刻むのが面倒だったので、厚手の袋に入れて、瓶で上からたたいて砕きました。
穴が開いてとびでることもあるので、注意しながら砕いてください。
(今回は、チョコレートを使い切ったので、もともと入っていた袋に戻して砕きました。)

娘が受験勉強で疲れていたので、これを食べて元気になってもらおうと思って作りましたが、
娘も気に入り、元気が出たそうです。

焼き立てを温かいまま食べてもいいですし、冷蔵庫で冷やしてもよいとのこと。
息子はお代わりが欲しそうでしたが、冷したものと食べ比べてほしかったので
明日のおやつということで我慢してもらいました。

【材料】(プリン型6個分)
・ クーベルチュールチョコレート(カカオ70%)・・・80g。
・ 牛乳・・・300ml。
・ 生クリーム(35%)・・・200ml。
・ 全卵(L)・・・1個。
・ 卵黄(L)・・・3個。
・ メープルシロップ(グラニュー糖)・・・42g(80g)。
普通の甘さが好みの方は80gで。
・ ラム酒またはブランデー・・・お好みで適宜。

■下準備
・湯煎焼き用のお湯を沸かす。
・チョコレートは、刻んでおく。
・オーブンはあらかじめ140℃に温めておく。

【作り方】
1.ボウルに全卵と卵黄を入れ、混ぜ合わせる。
メープルシロップ(グラニュー糖)を入れ、合わせてよく擦り混ぜておく。

2.鍋に牛乳、生クリーム、チョコレートを入れ、ゴムベラでなべ底の
チョコレートを外すように混ぜ、中火で沸騰直前までかける。

3.1に2を少しずつ注ぎながら混ぜ合わせる。
お好みでラム酒かブランデーを加え混ぜます。

4.アミ等で2回濾す。(カラザやチョコレートのざらざら感を取り除く。)

5.プリン型に流し込み、天板に入れ、お湯を張る。
140℃のオーブンで35分前後焼く。火が強い場合はプリンの上に
クッキングシート等をのせて焼く。

6.粗熱が取れたら完成。お好みで冷してもおいしいそうです。

大人(?)のプリンのレシピ

今回も使いかけの生クリームがあったため、プリンを作りました。
今回h、ネスプレッソ・マガジンの日本語版が創刊されたと
送られてきて、そこに載っていたレシピを参考に作りました。
ブランデーが大さじ6入れるところが大人かなと思ったのですが、
蒸し焼きしているので、風味だけです。
困ったことにオーブンの温度が書かれていなかったため、
家のオーブンレンジのプリンレシピと同じに設定しました。
カラメルは作らず、キャラメル・オ・ブールサレをココットの底に塗りました。
キャラメルは、溶けてプリンと混ざってしまいます。
息子は、クレームブリュレが好きなため、上にグラニュー糖をかけ、
バナーでキャラメリーゼして食べました。

【材料】(ココット6個分)
生クリーム・・・100cc
牛乳   ・・・300cc
きび糖・・・60g
(メープルシロップ)
卵    ・・・4個(Mサイズ)
ブランデー・・・大さじ6
バニラ・・・1/2本
(バニラエッセンスやバニラビーンズでも可)
キャラメル・オ・ブールサレ・・・適宜
*オーブンはあらかじめ130度に温めておく。
お湯400ccを用意。
*キャラメル・オ・ブールサレをココットの底に塗る。

【作り方】
1.ボールに卵、きび糖(メープルシロップ)をいれ、
泡が立たないように混ぜる。

2.きび糖が解けたら、生クリーム、牛乳、ブランデー、バニラを入れ、
よく混ぜる。

3.2をこしきで濾す。

4.ココットに流し入れる。

5.130℃に温めておいたオーブンにキッチンペーパーを1枚ずつ敷き、
ココットをのせ、オーブンの下段に入れる。

6.お湯を天板に注ぎ、25~30分ほど蒸し焼きにする。

7.焼き終わったら、取出し、粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。

pudding_nes1

マンゴープリン

季節は秋も終盤に差し掛かり、マンゴープリンは少々季節外れな感じなのですが、
生協で、冷凍マンゴーがあったため、マンゴープリンが作ってみたくなってしまいました。

私には、少し青臭さがある気がしましたが、家族は問題なかったようでよかったです。
(今度はもう少し長めに火をかけるか、リキュールを増やさそうと思います。)
息子の好みの柔らかさで気に入ってくれました。
(でも、カスタードのほうが好きだとか・・・。)

dsc_0445
【材料】
冷凍マンゴー・・・330g(その内30gはソース用)
牛乳・・・200cc
生クリーム(乳脂肪分35%)・・・100cc
メープルシロップ(グラニュー糖)・・・20g
板ゼラチン(氷水でふやかす)・・・5g
お好みでラム酒・・・大さじ1(オレンジ等のリキュールのほうがよい。)

〈トッピング用〉
生クリーム(乳脂肪分35%)・・・100cc
メープルシロップ(グラニュー糖)・・・5g

【作り方】(デザートグラス、6個分)
1.冷凍マンゴーは解凍し、ハンディーミキサー等でピューレ状にする。
(今回は、電子レンジの解凍機能で解凍しました。)

2.1をなべに入れ、弱火で時々かき混ぜながら煮立てる。
フツフツと泡立ったら、火を止め、そのまま冷ましておく。
(青臭さを消すため。)
 30gはソース用に取っておく。

3.耐熱ボールに生クリームと牛乳、砂糖(メープルシロップ)をいれ、
ふたをしないで、800Wで2分半から3分温める。
温まったら、混ぜて砂糖を溶かす。

4.板ゼラチンを軽く水を切りながら3に1枚ずつ入れ、溶かし混ぜます。

5.2を4に少しずつ混ぜながら入れる。

6.デザートグラスに入れ、冷蔵庫で30分以上冷やし固める。

7.トッピング用の生クリームにメープルシロップを入れ、8分立てにする。

8.冷し固まったマンゴープリンに7と2でとっておいたマンゴーピューレをかける。
dsc_0445

dsc_0446

かぼちゃプリン2

余っていた生クリームを使い切るためとハロウィンということで、
かぼちゃプリンを作りました。
参考にしたレシピは砂糖70gですが、私は30gに減らしました。
卵も200gだったのですが、卵を3個割った時点で170gになり、
もう1個割ると中途半端に残ってしまうので、卵3個でチャレンジ。
この分量でも問題なく、できました!
プリンが冷えるまで時間がかかるため、遅めのデザートとなってしまったけど、
子どもたちもあっという間に食べてくれてよかったです!

pumpkinpudding02

【材料】
牛乳・・・400cc
生クリーム・・・100cc
かぼちゃ   ・・・300g
メープルシロップ・・・70g(入れたのは30g)
(砂糖)
卵    ・・・3こ(170g)
ラム酒・・・大さじ1

*飾りのホイップクリーム
生クリーム・・・150cc
メープルシロップ・・・5g
(砂糖)

 

*オーブンはあらかじめ150度に温めておく。
お湯450ccを用意。

【作り方】(130mlのプリン型もしくは陶器の器、9個分)
1.かぼちゃを一口大に切り、耐熱容器に入れラップをし、
500wの電子レンジに7分かける。

2.柔らかくなったかぼちゃをハンディブレンダーやミキサーでつぶす。

3.鍋に牛乳、生クリームと、2をいれ、火にかけ、ときどきまぜながら、
沸騰直前まで温める。

4.別のボールに卵と砂糖(メープルシロップ)、ラム酒をいれ、よく混ぜる。

5.4に3を少しずつ加え、混ぜる。

6.5をプリン型に流し入れる。

7.天板にキッチンペーパーを2枚重ねで敷き詰め、6を天板中央に
  3つずつ3列に並べ、150度に温めておいたオーブンの下段入れる。

8.50度のお湯450ccを天板に注ぐ。
(プリン型にお湯が入らないように気を付けて入れる。)

9.150度のオーブンで25分から30分ほど蒸し焼きにする。

10.焼き終わったら、取出し、粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。

11.ボウルに生クリームと砂糖をいれ、7分立てにホイップする。

12.冷えたかぼちゃプリンに生クリームをのせる。

pumpkinpudding01