ホームベーカリで挑む草餅(よもぎ餅)とよもぎパン

岐阜県関市洞戸で摘んできたヨモギ。ばあちゃんがヨモギを茹でて冷凍しておいてくれた塊を貰って来ました。これが凍ったヨモギのかたまり。

IMGP0165.JPG

このヨモギを使って、草餅とよもぎパンを作ろう!というのが今回のテーマ。使うのは我が家のパン焼き機。餅もつけるし、パンを焼く途中で薬味?などを投入することも可能な、パナソニックのホームベーカリーSD-BM101という機種。ちなみに今は既に後継機種が売られているようです。

まずは草餅から挑戦。ホームベーカリーに付属しているレシピ本にはちゃんと草餅の作り方が書いてありました。普通に餅をつく設定にして、途中でよもぎを投入するだけ。超簡単。

と思ったら、解凍したヨモギを細かく刻むのが一苦労。何しろ繊維が丈夫。知人がフードプロセッサーを使ったら、刃に絡まってしまって大変だったとか。多分大型の強力なミキサーでも使わないと無理なのでしょう。我が家はハンディタイプの小型のミキサーしかないので、機会で刻むのは最初からあきらめ、最初刃包丁でトントン。でもきれいに切れない。そこで最後は調理用バサミでちょきちょき。切れますけど効率が悪い…。

蓬ロ入れる分量は、レシピ本に20-40グラムと書いてあったので、40グラム弱を投入。準備を開始してから2時間ほどで草餅がつきあがり。

これを丸めて、中に餡を入れます。餡は市販品でごまかします。つきたてで暖かいお餅は手にべたべたくっついて扱いにくいこと。上新粉をまいて作業しているんだけど。それに餅が思ったように薄くならない。どうも中に餡を入れる時はもう少し水を多めに、柔らかく餅を作らないといけない模様。

そうこうしてできたのがこの草餅。市販品のような見かけではありませんが、結構うまい!

IMGP0174.JPG

続いてよもぎパンに挑戦。レシピ本を見てもよもぎパンの作り方は掲載されていません。自分で書いたしたパンの焼き方の本「ホームベーカリーBOOK」にカボチャパンの作り方が出ていたのでそれを参考に。要はカボチャを入れるタイミングと同じタイミングで、代わりにヨモギを投入すればよいのだろうと予測。ホームベーカリーはそのタイミングになると、チャイムで知らせてくれますから。多分発酵が終わって焼き始める前に投入すればパン生地に自動でよく混ぜ混ぜしてくれる、ということのよう。

そしてできたのがこちらのよもぎパン。

IMGP0176.JPG

外から見るとちょっとヨモギが混じっていて、多少香りがする程度。焼きあがりはきれいですが。包丁を入れてみると

IMGP0177.JPG

ヨモギがしっかり入っていて、食べてみると蓬の風味に甘みを感じます。これはうまい!はっきり言ってお金を取れるレベルの味。

草餅よりよもぎパンの方が家庭で作るには手間がいらないので、これからはよもぎパンを焼こう!

 

鰹節削り器を買って鰹節にこだわる

ここ1年ほどこだわっているのが鰹節。僕が子どもの頃は、袋入りの削り節など売っていなくて、各家庭で毎日のように鰹節を削って使っていました。出汁をとったり、煮物にかけたり、そして子ども心に嬉しかったのは、鰹節をご飯にかけて醤油をたらした猫まんま。

以前から袋入りの削り節の味にどうしても納得がいかなかったので、実家で眠っていた鰹節削り器を持ち出して来て、久しぶりに鰹節を削ってみました。

P1000450.JPG

鰹節は、愛知県一宮市の本町通りにある安藤鰹節店で買いました。この店の店主は鰹節にこだわっていて、鰹節を買うと、削り方の説明やらなんやらで、30分もかかってしまいました。

そして削った鰹節は…うまい!この味です。ホウレン草のおひたしにかけてやると、末娘はパクパク。子どもたちはかつて僕がやったようにご飯にかけてパクパク。結構味にうるさい長男は「これを食べたら、袋入りはもう食べれない!」

それを見て実家でも「うちでも鰹節を削ることにするわ」ということになったので、安藤鰹節店で新品の鰹節削り器を購入。7500円なりは決して安くありませんが、このお店は削り器を持ち込めば刃を研いだりの手入れまでしてくれます。メンテナンス料込と考えれば安いもの。また楽天市場で鰹節削り器の値段を調べてみたら、7500円が決して高くないこともわかりました。

自分で削ったカツオを食すだけで、随分食が豊かになったような気がします。便利さに流されてひと手間かけることをおろそかにしていてはいけませんね。鰹節を削るくらい、テレビを見ながらだってできるんだから。

食と料理、時にはグルメのブログ

我が家が暮らすのは地方都市。ほどほどに田舎でほどほどに都市というところ。小さな家庭菜園やベランダ菜園で、ちょっとの野菜や果物の収穫を楽しむことも可能。また、周囲には実家が農家とか、やはり菜園を持っているとか、庭に果樹があるとか、竹林を持っているとか、野菜や果物をおすそ分けいただくことも頻繁。

また少し車を走らせれば農業地帯。日本一の銀杏産地に山菜豊かな山間の集落。春にはよもぎやワラビを自分たちで摘むことも可能。また直売所で新鮮な土地の食べ物やその加工品を買うのも楽しみ。

その一方で、街の中には手ごろな値段でそこそこの味のレストランもたくさん。

そんな暮らしの中での食と料理、農やグルメの話をつづっていきます。