インドネシアのお粥ブブール・インジン

バリ島のお粥

ある朝出されたのが、この黒米を使ったお粥。ネットで調べるとブブール・インジンと呼ばれ、バリ島では名物のようです。

味はちょっとぜんざいっぽいですが、甘味は薄く、お米の香ばしさが混じっています。

レストランではスイーツとしても出されるそうですが、我が家の子どもたちは苦手でした。

マダガスカルの朝ごはん お粥

マダガスカルはフランスの影響で、田舎でもフランスパンが売られています。パン好きの僕としてはこれを食べようかと思っていましたが、ここ、マダガスカルの田舎町でまず試したのは、滞在している宿舎の前にあるお粥屋さん。

マダガスカルのお粥屋さん

写真は部屋の窓から撮影したもの。店の外でも食べている人がいますが、中に数席のカウンター席?があります。マダガスカルはアジアの国のように外食文化があるようです。ただし、このお粥屋さん、夜は閉めるようで、朝と昼のみの営業です。

マダガスカルの朝食、お粥

お粥はこれ。コメと野菜が煮込んであります。味はまったく付いていません。そこに好みの量の塩とトウガラシをすりつぶしたものを入れて食べます。このトウガラシが予想以上に辛くて、第一日目は失敗しました。辛過ぎ。左側にあるソーセージ上のものは、多分豚肉を干してから揚げたものではないか、と思われます。

この後、コーヒーを頼んで値段は800アリアリ。40円ほどでしょうか。細かいお金を用意しておかないと、ローカルなお店で1万アリアリ札なんて出したら、対応できなさそうです。