カジキのソテー カラフルトマトソース

NHKの朝の番組あさイチで紹介されたものに少しアレンジしました。

息子は火の通ったトマトが好きなのでペロッと食べました。

■カジキのソテー カラフルトマトソース
●材料(2人分)
カジキの切り身・・・2切れ
ミニトマト・・・10個
エクストラバージンオリーブ油・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/4
バジル(生、せん切り)・・・4枚
にんにく(輪切り)・・・1/2かけ

【下準備】
・にんにくのにおいが手につくのが嫌な人は、皮付きのにんにくをアルミホイルでくるみ、
オーブントースターで5分から10分ほど温めます。
にんにくの中身はトロトロで、薄く切れませんが、あまり手に匂いが残りません。

●作り方
1.横半分に切ったミニトマトとにんにくを鍋に入れ、エクストラバージンオリーブ油を
加え、弱火でゆっくり温める。

2.1に塩をして、バジルを加える。

3.カジキマグロの両面に塩、こしょう(分量外)をする。

4.フライパンにオリーブ油(分量外)を引き、カジキを入れ、両面ソテーする。

5.さらに4をのせ、2をかける。
kajikisautecolofultomato01

kajikisautecolofultomato02

乾麺から作る味噌煮込みうどん

miso1 miso3材料 3・4人分(目安です)

乾麺280g、だし用イワシ粉 大匙1、鰹節粉 大匙3、昆布だし50cc位、水1200cc位、味噌大匙3、追加分大匙1

 

1.乾麺をゆでる。

大きな鍋に湯をたっぷりと沸かして乾麺をゆでます。我が家では蒸し器の鍋を使って、麺は二つに折ってゆでています。こうすると多少小さい鍋でも麺が湯の力で対流するので、均一に火が通り、箸でかき混ぜたりする手間が少なくなります。ただし麺を入れたはなは、くっつかないように箸で軽くかき混ぜてください。ゆで時間は乾麺の袋の説明を参照してください。麺が透き通ってきたら、硬さが少し残っているときに火から下ろし、冷水で粘りを落とすように洗い、冷ましてざるにあげておきます。

2.だしを取る。(麺をゆでている間に作ると時間の無駄がありません。)

miso2miso6

 我が家では、水に千切りにした昆布を入れたものを冷蔵庫で保管してあります。夏になって腐敗が心配な時は酒を少々加えたりして、いつでも昆布だしを使えるようにしています。

鍋に水1200ccを沸騰させて、だし用のイワシ粉や鰹節粉を入れてひと煮たちさせてから、だしを漉します。粉なので気にならなければ漉さなくてもOKです。あれば昆布だしを加えると深い味わいになります。

3.具と麺をいれて煮込む

miso5miso4miso7

好みの具を用意して火の通りにくいものから入れて煮ます。麺と味噌大匙3も加えて好みの硬さに煮込みます。下ろし際に、香りを出すために味噌を大匙1から2杯をとかし入れて出来上がり。味は好みで調節してください。だしの味が足りないようなら、粉末のインスタントだしを追加してもよいでしょう。

今回はキャベツの外葉、水菜、エリンギ、人参、玉ねぎ、鶏肉を入れました。玉ねぎを加えると甘みが出るので、私はみりんや酒の代わりによく使います。この地方では赤みそですが、お好みの味噌を使ってください。私は気分次第で、白みそを合わせたりしています。

そのほかのうどんのレシピはこちらをご覧ください。

納豆の豆腐和え、簡単料理

KC460046娘に意外な料理を教えてもらいました。

納豆に豆腐を混ぜて、好みの味付けをする簡単料理です。豆腐はかるく水切りしました。

私はさっぱりと梅酢であえました。納豆についている調味料を使ってもいいし、鰹節や海苔をかけてもいいです。味付けでバリエーションは自由自在。ちなみに大葉は自家栽培。

納豆の粘りが豆腐で薄まるので、私には食べやすくなりました。ただし、食べ残した場合、翌日は、全体がまったりと(粘り)しました。

アオブダイの塩焼き

今日はバリ島北西部に浮かぶムンジャガン島でシュノーケリングをしてきました。その時アオブダイをたくさん見たのですが、夕食のお皿で再びお目にかかりました。

アオブダイの塩焼き

スナッパーが出ると聞いていたので、てっきり鯛の仲間が出るかと思っていたら、出てきたのはアオブダイ。まさしく昼間シュノーケリングをしていて見かけた魚です。

アオブダイは沖縄でも食べられますし、味は淡白でまあまあでした。

ちなみに写真右下のものは、インドネシアで一般的にサンバルと呼ばれるトウガラシソースですが、そのバリ島バージョン。レモングラスなども入って、辛いけれどさわやかでおいしいです。

鰹節(本節)を購入 でも亀節って何だ?

今日はいちのみや大学のマクロビオティック講座に行く途中、一宮市の本町商店街の中では一二を争う人気店、安藤鰹節店に立ち寄って鰹節を購入。ちなみにここの親父さんのこだわりは半端ではなく、鰹節削り器をここで購入した時には、削り方について30分くらいのレクチャーを受けることになりました。

今日お店を覗くと「本節」の隣に「亀節」というものが並んでいます。「本節」もよく聞く言葉ではありますが、「意味は?」と問われると良く知りませんでしたが、「亀節」はなおなじみがありません。

そこで聞くは一時の恥。「亀節って何ですか?」と聞いてみました。

すると「亀節は小さめのカツオを3枚におろした半身を干したもので、身の上と下が一緒にくっついていて、真中には少し骨が引っ掛かる部分がある」のだそう。では本節はと言うと、「大きめのカツオを3枚におろした半身を、さらに上下に切り分けたもの」だそう。

なるほど。

「うちの鰹節は、亀節でも本節でも味は変わりませんよ。でも削り易いのは本節。」とのことだったので、ちょっと割高だけど、本節を一つ買って来ました。

鰹節 本節

日間賀島でフグを堪能

日間賀島へ行ってきました。2月の日間賀島と言えば目的はもちろんフグ。この時期日間賀島のどこの宿でもフグが出ると思いますが、我が家が宿泊したのは民宿「きの助」。ネットで料理の写真を見て決めました。

料理はフグ刺し(てっさ)から始まり、イセエビのお作り、日間賀島らしくタコの丸茹で、フグの空揚げ、フグちり(てっちり)、最後が雑炊でした。他にもサラダや茹でエビ、子ども向けには小ぶりのタイの塩焼き!多くの旅館だと子ども向けにはハンバーグとかでてきますから、この辺が好感が持てるところです。

我が家の男の子たちは見慣れるてっさに戸惑っていましたが、一度手を付けたらぱくぱくぱくぱく。てっちりもぱくぱく。子どもというのは、味に正直ですね。

日間賀島のフグ刺し(てっさ)

なぜ日本産鮭(サーモン)の刺身はないのか?

以前から疑問に思っていたこと。刺身用として売られている鮭(サーモン)はほとんどノルウェー産サーモンばかり。日本でも秋から冬には鮭が沢山獲れるはずなのに刺身としては売られていません。なぜだろう?

ある人に聞いてみたら、鮭には寄生虫が入っているので通常は刺身としての生食には向かないとのこと。ノルウェー産サーモンは徹底した管理で寄生虫が入っていないことが確認されているので、唯一刺身として食べることができるとか。

裏をとった情報ではありませんが、とりあえず、なるほど。