ポップオーバーのレシピ

今、パンケーキの次と言われている話題のポップオーバー。
家でも簡単に作れると聞いて、挑戦してみました。
(シフォンケーキを作るに当たり、卵が余る為、ポップオーバーも作りました。)
強力粉が足りなかったため、米粉も入れました。
焼き型がないため、家にあるもので陶器のプリン型等適当に使いました。
型は、縦長のものがよいそうで、縦長だと盛り上がるように膨らみます。
実際、焼いているとむくむくと出てくるので面白いですね。

シュー皮パンといった感じでしょうか?
そのままだと淡白な味です。
それでも良いのですが、ほんのり塩味なのでクリームやジャムを付けて食べると
味が引き立ちます。
今回参考にしたレシピには、バターが入っていなかったのですが、
入れるというレシピもあったため、少しバターを入れました。
でも、その量ではバターの味はさほどしないため、もう少し入れるとよいかも?
バターを入れなければ、ヘルシーなためそれでも良いと思います。

このレシピでは、グラニュー糖の代わりに甜菜糖を使っています。
(砂糖で構いません。)

■ポップオーバー(180mlの型 6個分)
●材料
強力粉・・・200g(米粉なしで、強力粉300gで大丈夫です。)
米粉・・・100g
牛乳・・・300ml
卵・・・L3個
甜菜糖(砂糖)・・・小さじ1/2
塩・・・小さじ1/2
オリーブオイル・・・適量

【下準備】
・オーブンは220℃に温めておく。
・牛乳と卵は常温に戻す。冷たいと膨らみにくくなります。

●作り方
1.ボールに卵を割って溶きほぐす。
popover01
2.牛乳を少しずつ加え、よく混ぜます。
popover02
3.別のボールに強力粉、砂糖、塩を全て入れ、軽く混ぜます。

4.3の粉のボールに2の液体の7割を入れ、ダマにならないようにまぜます。
popover03
5.残りの3割の液体を入れ、生地がサラサラになるまで混ぜます。
そのまま15分か寝かせます。
popover04
6.型にオリーブオイルをたっぷり塗り、生地を型の半分より少し多めに入れる。
popover05
7.220℃に予熱したオーブンで15分焼く。

8.次に温度を180℃に下げ、さらに15分焼き、オーブンに入れたまま10分待ちます。

9.粗熱を取ってから、型を外します。
popover06
*途中でオーブンを開けないように注意しましょう!

タダフサのパン切り包丁

我が家ではホームベーカリーで手作りパンを楽しんでいます。パンはおいしく焼けるのですが、不満があったのが、でき上がった食パンを切る時。パン切り包丁を使っていたのですが、焼きたてのパンがうまく切れません。パン屑が大量に発生して、パンの切り口はボロボロ。パンが押しつぶされて形も悪くなってします。

そこで購入したのがタダフサのパン切り包丁。テレビで紹介されているのを見て、高かったですが思い切って購入しました。ところが、ネットショップをあちらこちら見ても売り切ればかり。楽天市場で検索してみると、多くの店が表示されますが、どこの店も在庫切れ。あきらめかけていたら、一店だけ在庫数がゼロになっていない店を発見。速攻で注文しました。

送られてきたタダフサのパン切り包丁は、パン切り包丁らしいぎざぎざは先の方に少しついているだけ。あとはまっすぐで日本刀のよう。

早速焼き上がったばかりの食パンで試してみると、すっと切れる!パンがつぶれません。

タダフサのパン切り包丁で食パンを切る

写真ではわかりにくいかも知れませんが、パンくずもほとんど出ません。

その次には買ってきたフランスパンをタダフサのパン切り包丁で切ってみました。

フランスパンをタダフサのパン切り包丁で切ってみました

これまたすっすと切れて、パンくずはご覧の通りほとんど出ません。フランスパンの固い皮がこの通り切れてしまいます。これは凄い。タダフサのパン切り包丁、噂通り只者ではありませんでした。

タダフサのパン切り包丁は8500円くらいしますが、それだけ出しても、パン好きならば一家に一本おいておく価値があると思います。

抹茶のフレンチトースト

この2・3年、パンケーキブームのようでした。(私にはパンケーキというよりホットケーキという方がなじみがあります。違いがあるのかなと思っていましたが、同じように疑問に思っている方も多いらしく、検索すると、甘みの少ないものをパンケーキと呼ぶメーカーもあるけれど、両者は同じものでした。いろんな種類のパンケーキ用の粉がたくさん売られていたので、ある意味、メーカー主導のブームに感じていましたが、)

そして、この頃はフレンチトーストが人気のようです。愛知県一宮市は喫茶店のモーニングサービスが有名ですが、トーストやサンドイッチのほかにフレンチトーストを出すところが多くなりました。

私のフレンチトーストのイメージは、日にちが経って硬くなったフランスパンを使うものですが、この頃のフレンチトーストは、柔らかい食パンを使うものも多いようで、どんな食感なのか非常に興味がありました。

そんな時に娘が作ってくれた「抹茶フレンチトースト」です。以下 娘のレシピ。

抹茶のフレンチトースト

作り方:
抹茶小さじ1杯・牛乳100cc・卵を混ぜてパンを30分~1時間漬ける。

浸す
気が済んだら(好みの浸し具合になったら)フライパンにバターをしき、両面焦げ目がつくまで中火~弱火で焼く。
生クリーム60ccと砂糖小さじ2杯を混ぜ、角が立つまで泡立てる。
ホイップ
泡立てたらこんな感じ。
抹茶小さじ4杯・クリープ(スキムミルク)2杯・牛乳大さじ1杯・水大さじ1杯位で適当に(お好みの)ソースらしいものを作る。割と苦いです。

焼きあがったパンにホイップと抹茶ソース・あんこを添えます。以上。

(・・・)は私の追記です。

さて、出来上がりの写真添付のメールを昼食直前に職場で受け取り、大喜びで帰宅して食べた感想は、「抹茶のほろ苦さがあり、パンが柔らかすぎず(べちょべちょせず)、ホイップ付きの味・あんこ付きの味・全部混ぜた味と、それぞれ楽しめて美味しかった」です。

自家製青紫蘇を使って食パン作り

sisosausage5月31日

青紫蘇の種を蒔いてから約1か月半 収穫ができるようになりました。例年秋ごろになると葉が硬くなって生で食べにくくなります。そんな葉の使いみちを考えていたのですが、今夢中になっているパンに使ってみようと思いました。

紫蘇とウインナーを使ってホームベーカリーで作る食パンです。

材料
強力粉280g 塩小さじ3/4 砂糖大匙1から2杯 スキムミルク大匙1杯 オイル小さじ1杯、水200cc ドライイースト小さじ1杯   青紫蘇20枚位 粗挽きウインナー 100g位

作り方 青紫蘇とウインナーをあらみじん切りにする。ドライイーストはイースト容器に入れる。ウインナー以外の材料をパンケースに入れてレーズンパンコースを選択。具材の投入合図があったらウインナーを投入する。焼きあがったら素早く取り出した冷まします。

ウインナーの香ばしさと紫蘇の香りのミックスしたおいしいパンになりました。パンに使うなら葉が硬くても、練られている間に粉々になるので問題ありません。シソの使いみちが増えました。

そのほかのパンは、こちらのホームページをご覧ください。

http://hb-recipe.com/sisosausage.html

 

白神こだま酵母を使ってピザを作りました。

白神こだま酵母を使いピザ生地から手作りしました。
生地の作り方は、名古屋市中区大須にあるチェザリさんのレシピを参考にしました。

●ピザ生地の材料
強力粉(ピザやフォカッチャ用)・・・1kg
水・・・600cc
塩・・・30g
白神こだま酵母・・・2g(冬場:3g、夏場、1.5g)

●用意する道具
かなり大き目のボール・・・1つ
大き目のボール・・・1つ
バットなどの容器(タッパー)・・・2つ
タオルや布巾など・・・1(1次発酵の時にぬらしてボールにかぶせる)

●ピザ生地の作り方
1、ザルなどで、強力粉をふるう。少量の強力粉と酵母をあわせる。
2、ボウルに水と塩を入れ、塩を溶かす。
3、ボウルに強力粉を半量入れてあまにならないように混ぜる。中心から混ぜるとよい。
4、ボウルに残りの強力粉の7割を入れて混ぜ合わせ、生地をまとめる。
5、生地がまとまってきたら、残りの強力粉を少しずつ加えながら混ぜる。
6、手をグーにして、生地の上の方から、下に押し込むような形で20分以上練る。

 

7、生地に粘りが出たら、ボウルからだし空気を含ませるようにまとめる。
8、ボウルに戻し、少し湿らせた布巾やタオルなどをかぶせ、常温で1時間ほどおき、発酵させる。

pizzakijihakkoumae
9、生地が倍ぐらいの大きさになったら、ボウルから取出し、台の上で130gに分割し、両手のひらを使って、ボール状にまとめる。(まとめおわりはきれいにしておく)

pizzakijihakkougo
10、バットなどの容器に打ち粉をし、隙間を開けて分割したボール状の生地を入れる。ラップをふんわりとかけ、楊枝などの先のとがったもので、何か所か穴をあけ、
空気が通るようにします。
参考にした作り方では、アルミホイルをかぶせると書いてあり、前回作った際にその通り
アルミホイルをかぶせたら、アルミホイルのあたっていたところがプツプツと小さな穴があき、生地の方にもアルミホイルが、プツプツとついてしまったため、今回は変えました。

pizzakiji2jihakkoumae

11、このまま6~8時間放置して発酵させ完成。
翌日、作りたい場合は4時間位置いた後冷蔵庫に保管し、焼く2時間前に冷蔵庫から
出して、常温に戻して使う。

・ピザソースの材料(作りやすい分量)
トマトの水煮缶・・・2缶
バジル(乾燥)・・・適宜
オレガノ(乾燥)・・・適宜
はちみつ(砂糖)・・・小さじ1/2
塩・・・小さじ1

・作り方
1、トマトの水煮缶、水を切る。
2、ハンドミキサーなどでなめらかになるまでよくつぶし、はちみつ小さじ1/2、塩小さじ1、バジルやオレガノを加えてよく混ぜる。

・ピザ・マルゲリータの作り方(2枚分)
トマト・・・1
モッツアレラチーズ・・・60g
ピザ用チーズ・・・60g
生バジル・・・6枚
オリーブオイル・・・適宜
黒こしょう・・・適宜
パルメザンチーズ・・・適宜

ピザ生地・・・2つ
上記トマトソース

・作り方
1、ピザ生地を台に乗せ、手で押しつぶすように丸く伸ばす。ふちを指先で整える。
2、中心とふちを避けて、指でたたくようにつぶし、フォークなどでまんべんなくあける。
3、片方の手のひらにピザ生地を乗せ、交互に払うようにピザ生地を乗せながら、のばす。(慣れない方は、麺棒などで伸ばしてもよいかと思います。)
4、程よい大きさにのびたら、台に戻し、直径20cmくらい丸い形に整える。

5、フッ素樹脂加工のフライパンにオリーブオイルを薄く引き、弱火で温め、ピザ生地をのせる。魚焼きグリルに火をつける。

6、表面が少し乾いてきたら、ふちを1.5cm位空けてソースを塗る。ピザ用チーズ(30g)をソースが隠れるようにまんべんなくのせる。

7、生地の裏に軽く焼き色が付き、しっかりしてきたら、魚焼きグリルの網に乗せ、トマトとモッツアレラチーズをのせ、オリーブオイルをかけ、グリルにいれ2~3分ほど焼く。2分ほど経過したときに、一度グリルを開け、バジルの葉をのせ、さらに1~2分ほど程よい焼き色が付くまで焼く。

8、乾燥バジルと黒こしょうをふり、オリーブオイルをかける。

pizayakiagari

写真を撮るのを忘れ、1切れ食べてからあわてて写真を撮ったので、ちょっとかけているピザの写真です。(笑)

ホームベーカリーで小松菜とベーコンの食パンを作りました

komatunabaconpベーコンが入っているフランスパンが大好きなので、ベーコン入りのパンを作ってみました。脂っこくなるのは嫌でしたので脂肪分の少ないベーコンを使いました。彩に自家栽培している小松菜をゆでて加えました。作ってみて、このパンはベーコンによって味が随分と変わると感じました。今回はあっさりとした優しい味でしたが、次回は胡椒を効かせたピリッとしたパンを作ろうと思います。
材料1斤分 1250kcal
強力粉280g、砂糖大さじ2杯、塩小さじ1/2、コンデンスミルク小さじ2杯、ベーコン50g,小松菜(ゆでたもの)60g,ドライイースト2.8g、水180cc

作り方
ベーコンは荒くみじん切り、小松菜は生100gをゆでて荒くみじん切りにして60g位になるように水を絞ります。
ドライイーストはイースト投入口に入れます。ベーコン以外の材料をケースに入れてブドウパンコースで焼き始めます。ブザーが鳴ったらベーコンを入れます。約4時間で出来上がり。

詳しい作り方はhttps://hb-recipe.com/komatunabacon.htmlをご覧ください。

使用ホームベーカリーNatinal,SD-BT101,1997年製(うちのパンやさん)

HB(ホームベーカリー)レシピ 米粉入りナッツたっぷり食パン

ricenut

粉全体の20%の米粉を使った生地にたっぷりのナッツを入れた食パンを作りました。ナッツのカロリーが高いので、バターなどの油脂の代わりにコンデンスミルクを使ってカロリーダウンの工夫もしました。
ナッツ類を入れるとパンが固めになりますが、米粉が含まれているため、割合しっとりと仕上がりました。

私のHBは15年前のもので、米粉パンコースはありませんがnuts
おいしく焼けます.チャレンジしてください。
詳しいレシピは下記のホームページをご覧ください。

https://hb-recipe.com/rice20nuts.html

 

ホームベーカリーで作ったとてもおいしい蜂蜜生姜パン

蜂蜜のメーカーにハチミツ印がありますが、そこの生姜茶というものを買いました。蜂蜜の中に生姜のスライスが入っていて、薄めて飲むものです。生姜の香りがして、甘さもすっきりしていました。

生姜は冷え性にも良い食材です。この寒い時期にはぴったりだと思ってパンに使いました。加熱中に香りが減ったら嫌だったので、生の生姜汁も加えました。

結論 とってもおいしくできました。噛んでいると生姜の香りが広がって、口の中がほんわりと暖かくなってきます。糖分は蜂蜜だけ。蜂蜜の効果なのか、しっとりとしていました。詳しいレシピはホームベーカリーでつくるパンのレシピのホームページをご覧ください。

https://hb-recipe.com/honeyginger.html

gingerbottlehoneyg50g

ホームベーカリーでつくるメープルシロップを使った食パン

シンプルな食パンを作りたいと思い久しぶりに作りました。
白い砂糖は使いたくないため、メープルシロップで代用。
今回使用したホームベーカリーはMKのホームベーカリーです。10年前に購入したもの。
このホームベーカリーは、1斤か1.5斤の食パンが作れます。
メープルシロップの味はほとんどしませんでした。
スキムミルクがなかったため、今回は牛乳で作りました。
やわらかい食パンができました。
SN3J0218

材料 1斤 約1149Kcal

強力粉280g(SHOWA 978kcal), 牛乳大さじ1(11kcal ),
塩 小スプーン1(0kcal), マーガリン15g(88kcal)、
メープルシロップ16g(40kcal)、水175cc、
ドライイースト小スプーン1(カメリア 2.8g、9Kcal)

作り方
1.イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。
2.食パンコースで焼きます。(焼き上がりまで約4時間)

ポイント
1.今回は、砂糖の代わりにメープルシロップを使いました。また、スキムミルクの代わりに牛乳を使用。水分が多いため、水の分量を少し減らしました。

ホームベーカリーでつくるあずきパン 1450Kcal

介護食品としても使われている栄養補助食品(写真参照)をたくさんいただきました。ジュースにしてはとろっとした喉ごしです。1個で200Kcalあるので、肥満が気になる私としては頻繁に飲むのは避けたいところです。

それでパンに使ってみることにしました。やさしい甘みのあるパンができました。

あずきパン結合

材料 1斤 約1450Kcal

強力粉280g(SHOWA 978kcal), スキムミルク大さじ2(雪印 12g 43kcal ),
塩 小スプーン1/2(0kcal), バター10g(75kcal)、
ジャフネファインケアおしるこ味125ml(キューピー200kcal)、水55cc、
ゆであずき100g(缶入り、砂糖あり、144Kcal)ドライイースト小スプーン1(カメリア 2.8g、9Kcal)

作り方
1.イーストはイースト容器に、それ以外の材料はパンケースに入れます。
2.食パンコースで焼きます。(焼き上がりまで約4時間)

ポイント
1.今回砂糖は使いませんでした。ファインケアとゆであずきに砂糖が使われているからです。2.塩も同上の理由で少量にしました。
3.水はゆであずきの水分(写真参照)を考慮してファインケアと合わせて180ccにしました。
水分の少ない「あんこ」の場合はあんこの量や水分量の変更が必要になると思います。
それはまた次の機会にご紹介します。

その他結合

これは改訂版のレシピです。
はじめはファインケアのみ200ccで作りましたが、あずきの味が薄かったため、ゆであずきを併用したものです。
ファインケアがなくても、たとえばカップ入りのお汁粉があれば、それを水の代わりに使えばよいと思います。試してみてくださいね。